あんさんぶるる大会

混声合唱団Tokyo Somniumでは、毎年、団内でアンサンブル大会を行っています。
Somnium独自のイベントとして、団員の同士の交流、歌唱力の向上、ストレス解消などに役立っています(笑)

『あんさんぶるる』とは?
なぜ『あんさんぶるる』なの?
開催のきっかけは?
どんな発表会なの?
ぶるるのルール
当日の流れは、こんな感じ
写真で綴る『ぶるる』
今までの『ぶるる』
あんさんぶるるの歴史
 
第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回 / 第6回 / 第7回 / 第8回 / 第9回 / 第10回 / 第11回 / 第12回 / 第13回 / 第14回 / 第15回 / 第16回 / 第17回 / 第18回 / 第19回 / 第20回

『あんさんぶるる』とは? なぜ『あんさんぶるる』なの?
『あんさんぶるる』
――それは、団内で行われる
「アンサンブル大会」のこと。

団員は、各グループ
(これを「ユニット」と呼ぶ)に参加し、
歌いたい歌を歌いたいように歌って楽しもう。
見てるほうもそれを見て楽しもう。
というイベントです。
いわば、「歌」と「遊び」の中間と言えるでしょう。

アンサンブル―ensemble―から、
あんさんぶるるを取り仕切る人は
E長』と呼ばれます。
アンサンブル熱が高まっていたその頃。
Somniumのメーリングリストでも、アンサンブル大会に関する話題が多くなっていました。

そんなとき、とある団員がメールのサブジェクトに
「あんさんぶるるぅ」とか書いてきました。
それがSomnium中に定着してしまい、
Somniumの「団内アンサンブル大会」は
「あんさんぶるる」と呼ばれるようになったのです。
――と伝え聞いています。

そして団員は
それを略して「ぶるる」と呼んでいます。
開催のきっかけは? どんな発表会なの?
第1回アンサンブル大会が行われたのは、
1999年の夏合宿の時です。
せっかく合宿に行くのだから、
練習や飲み会以外にも楽しめるものがあっても
いいんじゃない? ――ということから、
小さな団内だけの発表会をすることになりました。

その発表会が想像以上に盛り上がり、
アンサンブル熱がSomniumに蔓延しました。
もう一度やりたいと、第2回が行われ、
そして今日まで行われています。
世の中に合唱団はいくつもあれど、
こんなことで楽しんでいるところは
ほとんどないのではないでしょうか?

これはSomniumならではのイベントだと
自負しています。
団員はユニットにいくつか参加します。

その中で「義務ユニット」と呼ばれるものがあり、
 ぶるるに参加する団員は、必ずこれには参加。
義務ユニットは、年によっても異なりますが、
混声だったり同声だったりします。
決め方は、くじびきだったりあみだくじだったり。

その他は本当に好きなように分かれます。
やりたい曲を持ってきて人を集めるも良し、
血液型でユニットを組むも良し、
たまたま話がついた人とやるも良し。
好きなように組んでいます。

ユニットが決まれば、あとは練習あるのみ。
歌はもちろんのこと、衣装、演出、楽譜カバーetc.
様々なこだわりをもって本番に望みます。
ぶるるのルール 当日の流れは、こんな感じ
やりたいようにやっていますが
一応、ルールなるものが存在します。
その年のE長の権限で決めることができますが
だいたい毎年同じ様なルールです。

まず、ユニット登録をすること。
ユニットリーダーを選出すること。
ユニットコメントを書くこと。
ここらは絶対ですね。

あとは年によって違いますが
参加できるユニット数が決まっていたり
更衣準備等含めて時間制限があったり。
最近は、あくまで「アンサンブル」ゆえ
ソロが多く発生する曲やデュエットはダメだったり。

採点は、その場にいる人全員で行います。
採点方法も、E長よって異なりますが
1位2位3位を選んだり、各ユニットに点数を付け、
MIP(Most Impression Person)を選びます。
それをE長が集計をして、
1位2位3位と、MIPを発表します。
優秀だったユニットや個人には
記念品が贈られます。
本番前は練習をします。
時間を細かく決めて、忙しく練習です。

ホールではビデオがセッティングされたり、
椅子が並べられたりと、準備が行われます。
また、パンフレットなんかも配られます。

さて本番。ユニットの発表順はあらかじめ、
衣装替えなどの配慮もふくめて決められており、
そのため自分の参加するユニットが続いたりします。
ユニットごとに趣向を凝らして
あんさんぶるるは行われます。

衣装にこだわったり、振り付けしたり、
楽譜カバーを作ったり、ギター伴奏だったり・・・。
「歌いたいように楽しく歌う」を実践。
歌ってないときは、他のユニットの演奏を聞いて
順位をつけ、これをあとでE長が集計をして、
あんさんぶるるの順位が決定します。
表彰式は、会場だったり宴会場だったり、
その時によって違います。

本番が終わると慌てて後片付け。
その後に打ち上げがあるときは打ち上げ場所へ行き
飲めや歌えの大騒ぎへ……。
写真で綴る『ぶるる』 今までの『ぶるる』

最優秀ユニットに贈られるトロフィー。次のぶるるで返却。だいたいは、ユニットリーダーが持って帰ります。そして同じ人が持って帰るなんてことも過去に3回ほどあり、「○○さんがいるユニットは、最優秀ユニットになる」なんて噂もちらほら。


楽譜カバーの一部。目でも楽しめるぶるるです。
ユニットや曲の雰囲気を作るのに最も簡単な方法でしょうか。衣装を揃えたり持ってきたりするのは、結構大変ですから。最近は、もっと力作がありますよ。
今まで、17回ぶるるを開いてきました。

第1回 1999年8月7日(土)
第2回 1999年10月11日(祝)
第3回 2000年10月9日(祝)
第4回 2001年10月8日(祝)
第5回 2002年10月14日(祝)
第6回 2003年10月13日(祝)
第7回 2004年10月11日(祝)
第8回 2005年12月11日(日)
第9回 2006年11月3日(祝)
第10回 2008年2月10日(日)
第11回 2008年11月16日(日)
第12回 2009年10月4日(日)
第13回 2010年10月3日(日)
第14回 2011年10月16日(日)
第15回 2012年11月11日(日)
第16回 2013年7月28日(日)
第17回 2014年11月3日(月祝)
第18回 2016年1月31日(日)
第19回 2016年10月10日(月祝)
第20回 2017年9月3日(日)

過去の結果や曲目はこちらから。ぶるる過去編 詳細へ


HOME | ようこそ | 指揮者紹介 | 活動記録 | 活動日誌
http://www3.to/somnium     Copyright (C) 1997-2018 Tokyo Somnium Mixed Choir