Tokyo Somnium

活 動 記 録 2011年
2006200520042003200220012000199919981997
2011年  
1月 6日 Somnium創立5000日
  9日 新年会
  12日 歌い初め
  30日 1月総会
3月 5日 「ライオンキング」鑑賞ツアー
  6日 シアターピース「食卓一期一会」強化練習 (at吉祥寺)
4月 10日 2011年度頭総会
  17日 第5回演奏会成功祈願参りイベント
    合唱団ちーむ♪わたげ♪ さんの練習見学&交流会
  30日 Tokyo Somnium 14周年
5月 22日 ワークショップ第4弾(講師として、須藤和子先生を招聘)
6月 11日 トウキョウ ソムニウム 多摩平の森さくら集会所 ランチコンサート・2011夏
  26日 シアターピース「食卓一期一会」補習 (at東十条)
7月 16-18日 演奏会前集中練習(3日間)
  30日 合唱祭 咲-Emi- 参加 (合唱団ちーむ♪わたげ♪ さん主催イベント)
8月 28日 Tokyo Somnium Concentio Quinta
混声合唱団Tokyo Somnium第5回演奏会-平和への祈り- 開催
9月 18日 ニチイホーム立川さん「笑みの集い」 参加
10月 23日 副指揮者として、金内真紀先生をお迎えする
10月 16日 第14回あんさんぶるる大会(団内発表会)
11月 23日 元団員結婚式 聖歌隊参加(有志)
12月 4日 2011年度後期総会
  18日 歌い納め
  24日 クリスマスコンサート2011(ホテル花の季にて)
  29日 Tokyo Somnium2011望年会(誤字にあらず)
この年の主な練習曲
Paul Basler 「MISAA KENYA」より
 1.Kyrie  2.Gloria  3.Credo  4. Sanctus  5. Agnus Dei
Samuel Barber 「Agnus Dei」
信長貴富 作曲/長田弘 作詩 合唱のためのシアターピース「食卓一期一会」
 序章 1.包丁のつかいかた 2..絶望のスパゲッティ  3..食感のオノマトペ
 4.ポトフのつくりかた 8.戦争がくれなかったもの 終章-食べもののなかには-
Kodály Zoltán 作曲「ESTI DAL」
Lajos Bárdos作曲 「Régi táncdal」
Banchieri 「Contraponto bestiale alla mente」
Hans Zimmer & Lebo M 作詞作曲「Nants'ingonyama」
Tim Rice 作詞 / Elton John 作曲 / Keith Christopher 編曲 「Circle of Life」
Tim Rice 作詞 / Elton John 作曲 / Roher Emerson 編曲 「Hakuna Matata」
Tim Rice 作詞 / Elton John 作曲 / Keith Christopher 編曲 「Can You Feel The Love Tonight」
Bartók Béla作曲 「CIPÓSÜTÉS」
Bartók作曲 「Elindultam szép hazámbúl」(ハンガリー15の民謡より)
Bartók作曲 「Által mennék én a Tiszán」(ハンガリー15の民謡より)
John Rutter作曲 「The Lord bless you and keep you」
文部省唱歌 / 坪野春枝 編曲「我は海の子」
永 六輔 作詞 / 中村八大 作曲 / 猪間道明 編曲「上を向いて歩こう」
高野辰之 作詩/岡野貞一 作曲/源田俊一郎編曲「ふるさと」
高野辰之 作詩/岡野貞一 作曲/坪野春枝 編曲「ふるさと」
沖縄わらべうた / 信長貴富 編曲「てぃんさぐぬ花」(無伴奏混声合唱のための『7つの子ども歌』より)
Traditional / Chris Norton & Leroy Johnson 編曲「Go Tell It On The Mountain」
讃美歌 / John Francis Wade 作曲 「O Come, All Ye Faithful」
Traditional / Lou Leaman 編曲 「AMAZING GRACE」
Joseph Mohr 作詞 / John F. Young 英詞 / Franz Gruber 作曲「Silent Night, Holy Night」
寺嶋 陸也 作曲 混声合唱、2台のピアノと三線のための 『沖縄のスケッチ』 1.あかなー
寺嶋 陸也 作曲 混声合唱、2台のピアノと三線のための 『沖縄のスケッチ』 6.赤田首里殿内
   
 
他 数曲あり。
多摩平の森さくら集会所 ティータイムコンサート・2011夏
日程:2011年6月11日(土)     場所:多摩平の森 さくら集会所(日野市多摩平)
時間:午後12時30分より 30分程度の1回公演


曲目:
「一番はじめは」(わらべうた 信長貴富 編曲)
「我は海の子」(文部省唱歌 坪野春枝 編曲)
「上を向いて歩こう」(永 六輔 作詞/中村八大 作曲/猪間道明 編曲)
「てぃんさぐぬ花」(沖縄わらべうた 信長貴富 編曲)
「ふるさと」(源田俊一郎編曲)(坪野春枝 編曲)
「Joyful Joyful, We Adore Thee」 (Henry van Dyke作詞 / Beethoven作曲)


多摩平の森でのコンサートも3回目となりました。
震災を意識したわけではないですが、「上を向いて歩こう」や「ふるさと」など震災後良く歌われていた歌を含め、唱歌、わらべうたなど、みなさんに馴染みのある歌を揃えました。

天気があまり良くなく、出足が悪かったのですが、窓を開けて歌声を響かせてきました。
多摩平の森の自治会の皆様をはじめ、聞きに来てくださったの皆様方、お手伝いしてくださったTさん、Aさん、ありがとうございました!
合唱祭 咲-Emi-
日程:2011年7月30日(土)     場所:南大塚ホール(豊島区)
時間:午後12時30分より 30分程度の1回公演   指揮:近 藤 直 子

曲目:
合唱のためのシアターピース
  『食卓一期一会』 -今日何を食べましたか?-  
 より  (長田 弘 作詩 / 信長 貴富 作曲)
     「包丁のつかいかた」「絶望のスパゲッティ」
「Contraponto bestiale alla mente」 (Adriano Banchieri 作曲)
・「Cipósütés」 女声  (Bartók Béla 作曲)
・「Elindultam szép hazámbúl」 男声  (Bartók Béla 作曲)
・「Által mennék én a Tiszán」 男声  (Bartók Béla 作曲)
・「Régi táncdal」 (Lajos Bárdos 作曲)
「Esti dal」 (Kodály Zoltán 作曲)


わたげさんやSomniumの他にも2団体が参加をしました。
8月の演奏会の前哨戦ということで、演奏会の宣伝を兼ねて歌ってきました。
参加人数は少なかったのですが、むしろ少なかったからこそ、
チームワークを発揮して良い演奏ができたようです。

開催をしてくださった合唱団ちーむ♪わたげ♪のみなさま、Somniumの歌声を聴いてくださったみなさま
ありがとうございました! またどこかでお会いできると良いですね。
第5回演奏会(Tokyo Somnium Concentio Quinta)  - 平和への祈り -
日程:2011年8月28日(日) 13:30開場 14:00開演 場所:パルテノン多摩 小ホール
入場無料・全席自由  
 
指揮 近藤直子  舞台監督:金内真紀
ピアノ:前田孝子(1st/3rd) ,須藤志保(2nd)   シンセサイザー:石川成章   打楽器:古川玄一郎
*1st stage*  大地への讃歌
「Agnus Dei」  (Samuel Barber 作曲)
『MISSA KENYA』  (Paul Basler 作曲)
 1.Kyrie  2.Gloria  3.Credo  4. Sanctus  5. Agnus Dei
*2nd stage*  平和について シアターピース
合唱のためのシアターピース
  『食卓一期一会』 -今日何を食べましたか?-  
 より  (長田 弘 作詩 / 信長 貴富 作曲)
     序章 / 包丁のつかいかた / 絶望のスパゲッティ / 食感のオノマトペ / ポトフのつくりかた /
     戦争がくれなかったもの / 終章-食べもののなかには-
*3rd stage* 愛唱歌と共に、生きとし生けるものへ 
「Contraponto bestiale alla mente」 (Adriano Banchieri 作曲)
「Cipósütés」 女声  (Bartók Béla 作曲)
「Elindultam szép hazámbúl」 男声  (Bartók Béla 作曲)
「Által mennék én a Tiszán」 男声  (Bartók Béla 作曲)
「Régi táncdal」 (Lajos Bárdos 作曲)
ライオン・キングより  (Tim Rice 作詞 / Elton John 作曲)
  「Hakuna Matata」 (Roher Emerson 編曲)
  「Can you feel the Love Tonight」 ( Keith Christopher 編曲)
  「Circle of Life」  (Keith Christopher 編曲)
「The Lord Bless You and Keep You」 (John Rutter 作曲)

アンコール
 「Esti dal」 (Kodály Zoltán 作曲)
 
2年ぶりの開催となりました。
2年前から決まっていたテーマとはいえ、3月に起こった東日本大震災を避けては通れず、1人1人が、より強く感じたテーマだったのではないでしょうか。
お暑い中ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!
笑みの集い in ニチイホーム立川
日程:2011年9月18日(日)     場所:ニチイホーム立川(立川市)

曲目:
「一番はじめは」(わらべうた 信長貴富 編曲)
「てぃんさぐぬ花」(沖縄わらべうた 信長貴富 編曲)
「Contraponto bestiale alla mente」(Banchieri )
「ESTI DAL」(Kodály Zoltán 作曲)
「Régi táncdal」(Lajos Bárdos 作曲)
「上を向いて歩こう」(永 六輔 作詞/中村八大 作曲/猪間道明 編曲)
「ふるさと」(源田俊一郎編曲)(坪野春枝 編曲)


ニチイホーム立川さんからお誘いをいただき、歌ってきました。
私たちの前には、入居者のみなさんのミュージックベルの演奏があり、
素晴らしい「ふるさと」を聴かせていただきました。
そのあとに、同じ曲目を演奏する身としては、否が応でも緊張する中、本番を迎えました。

3週間前に歌った演奏会の曲を織り交ぜながら、全部で7曲を披露してきました。
MC込みで40分程のコンサートとなりました。
特に演奏会で歌った曲は、一度も聴いたことがないような曲だったかと思いますが、
ハンガリー語の曲は雰囲気を味わっていただき、動物がでてくる曲は、その鳴き声を楽しんでいただきました。

笑みの集いにお誘いくださったニチイホーム立川さん、演奏を聴いてくださったご入居者のみなさま、ありがとうございました! またご縁があった際は、温かく迎えてくださると嬉しいです。
第14回あんさんぶるる大会
日程:2011年10月16日(日)     場所:国立・ヴィオレホール

毎年恒例の団内発表会です。 今年は、他団体さんをお招きしてのぶるるです。
ぶるる詳細へ
クリスマスコンサート2011
日程:2011年12月24日(土) 20:00から 場所:奥日光・湯元温泉 ホテル花の季
衣装:男性フォーマル+サンタ帽子つき  女性上白ニット下黒スカートに金布を好きに巻く+ポインセチアの飾り
楽譜カバー:黒下地に、トナカイ・もみの木・サンタ・教会・家どれか1つの絵柄付き

曲目:
「Joy to the World」(I.watts作詞/L.mason作曲/Alice Parker,Robert Shaw編曲)
「O Come, All Ye Faithful」(讃美歌 / John Francis Wade 作曲)
「Silent Night, Holy Night」(Joseph Mohr 作詞 / John F. Young 英詞 / Franz Gruber 作曲)
「O Holy Night」(J.S.Dwight作詞 / A.Adam作曲 / Mac Huff 編曲)
「Amazing Grace」(Traditional / Lou Leaman 編曲)
「Go Tell It On The Mountain」(Traditional / Chris Norton & Leroy Johnson 編曲)
「We Wish You a Merry Christmas」(イギリス民謡 / 名取友美 編曲)

Instrumental 「Merry Christmas, Mr.Lawrence」(坂本龍一 作曲)

「あわてんぼうのサンタクロース」 (吉岡治 作詞/小林亜星 作曲/松永ちづる 編曲)
「赤鼻のトナカイ」(Johnny Marks作詞作曲 / 新田宣夫 訳 / 今村康 編曲)
「ジングルベル」 (J.S.Pierpont作曲 / 宮澤章二 訳 / 今村康 編曲)
「ウインター・ワンダーランド」 (Dick Smith作詞/Felix Bernard作曲/今村康 編曲)
「Joyful Joyful, We Adore Thee」 (Henry van Dyke作詞 / Beethoven作曲)

(アンコール)「サンタが町にやってくる」(J. Fred Coots作曲/カンベ・タカオ訳詞/今村康 編曲)
今年で7回目のコンサートとなりました。
副指揮者を迎えての初めてのコンサートという事もあり、いろいろと試行錯誤をして迎えました。

音楽面では、有志演奏を無くし、新しい曲を増やし、違うアレンジのものを持って来たり…。見た目では、ピアノソロの後にサンタ帽子をかぶって登場して見たり…昨年と同じようで、ちょっと違う。そんなコンサートになりました。
今回は、団員のご両親が聴きに来てくださったり、団長の先輩ご家族が聴きに来てくださったりと
知り合いもいる中での演奏となり、いつもとは違う緊張をした方もいるのではないでしょうか?

毎年企画を下さるホテル花の季のみなさま、そしてコンサートを聴いてくださったみなさま、
本当にありがとうございました! またぜひお会いしましょう。

HOME | ようこそ | 指揮者紹介 | 活動記録